校歌で演技をする…
という特訓をしました



たたずまいが絵になる美少女というのは、いそうでいない。大ヒットした映画『告白』で物語のキーとなるクラス委員長役を演じて注目を集めた橋本愛は、そこに彼女が立っているだけで、物語を感じさせて、これから何かが起きそうな予感をひめる女の子。その眼力の強さと惹きつけられる存在感のインパクトは、CMとの相性が抜群だ。今回のインタビューでは、映画『告白』の撮影秘話から、14歳としての素顔まで、いろんな話を聞いた。

2008年に所属事務所が主催した「SMAニューカムHuA HuAオーディション」に応募してグランプリとなり、芸能活動をスタート。注目されるきっかけとなった映画『告白』には、オーディションで選ばれて出演が決定して、撮影がはじまる2ヶ月前から、中島哲也監督(『下妻物語』『嫌われ松子の一生』など)による特訓が行われたという。 「最初は、自分の学校の校歌を歌ったり、校歌の歌詞をせりふにして芝居をしました。それから、自分じゃない人間になる特訓をしました。その特訓は男子生徒ふたりと私の(メイン生徒役)3人だけでやっていたから孤独な作業で、言われた通りにできない力不足な自分がはがゆくて、つらいときもありました。でも、撮影現場では、ほかのクラスメイト役の人たちもいっしょなので、話し合うこともできて心強かったので、やりやすかったです」

 

宇宙服が重くて、
肩がこりました(笑)



ミスセブンティーン2009に選ばれて雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルをつとめるなど、さまざまなジャンルで活躍する橋本愛。現在オンエア中の製薬会社・MSDの企業CM「みらいをつくる」篇では、宇宙飛行士を夢見る少女を演じている。
「未来の自分も演じるために特殊メイクをしたので、顔がつっぱって、うまく笑えなかったことをよく覚えています、それと、宇宙服がすごく重かったので、肩がこりました(笑)。印象の強いCMになったと思います」
演じることの魅力は?と聞くと、ほかの人になること…ではなく、もっと違うところに感じている、と話す。
「台本を読んで、どういう解釈で演じるのかを考えたり、ニュアンスを出すためにせりふを自由に変えたりできることも、作品を見ている人にはわからない、演じる私たちだけができることなので、演技のひとつの魅力です」

 

基本、明るくて元気で、
マイペースです



『告白』で演じたクールな女子生徒の印象が強いこともあって、ミステリアスで、おとなしいイメージで見られることが多いようだ。しかし、ふだんは、明るくて笑顔が絶えない女の子。今回のインタビューのための撮影でも、表参道の裏路地で「ホップステップジャンプをしてみて」というカメラマンのリクエストに応じて、弾けるように飛び跳ねて、照れながら、無邪気な笑顔を見せていた。とは言っても、単なる元気でナチュラルな女の子ではない。小学生の頃から(つまり、女優の仕事をする以前から)人間観察をするのが好きだったという彼女は、深い洞察力と個性的な発想が印象的で、演じた役とはタイプが違うけれど、確かに神秘的な一面も持っている。
「私は、基本、明るくて元気で、マイペースで、ちょっと変わってると言われることもありますが、リーダーシップを取ったり、ムードメーカーになることもあります。自分を色にたとえると、赤だと思います。理由は…ちょっとわからないですけど、友達とお揃いで物を買うときに、それぞれの人のイメージに合わせた色で選ぶとなったら、私は赤を渡されることも多いので」

 

自分とかけ離れた役のほうが
演じやすいかも



これからは、マイペースな自分の素の部分も出していきたい。彼女は、そう語る。
「2010年は、充実していました。『告白』に出演して、たくさんの人に自分のことを知ってもらえるようになったこともうれしいですけど、それ以上に、『告白』という作品に出演できたことに、一番のうれしさを感じています。いろんな役を演じてみたいと思いますが、自分自身に近すぎるのも難しいのかなと思い始めていて、今は、自分とかけ離れた役のほうが、やりやすいのかもしれないと思います」
女優としての彼女は、蒼井優や堀北真希と同様にシャープな切れ味があり、一方で素顔の彼女は宮﨑あおいや新垣結衣がCMで見せているような柔らかな少女性をひめている。ふたつの魅力を同時に持つ橋本愛は、そして、誰にも似ていない個性的な雰囲気が魅力的で、映画界やCM界の期待は高い。彼女が今後どのような物語を描いていくのか、目を離すことができない。

取材・文/高倉文紀(美少女評論家)
カメラマン/鎌田拳太郎  ヘアメイク/宇賀理恵  スタイリスト/廣瀬規子
衣裳提供/ARMANI EXCHANGE

 

【イー・スピリット編集後記】



映画『告白』で一気に注目を集めた女優、橋本愛さん。
私も例外ではなく、『告白』で彼女に魅せられた一人。インタビューで本人に会えるのを楽しみにしていました。実際会ってみると、やはりオーラを放っていました。大物になる予感大です。
近寄りがたい!…と思いきや、おもしろ可愛い一面も(笑)「代々木ゼミナール」や「MSD」の広告に出演している彼女。他にも透き通ったイメージの飲料や、住宅系の広告にもよさそうです。

自分自身を色に例えるとしたら?
★橋本愛さんと直筆の色紙
 
プロフィール詳細

橋本  愛

08年度SMAニューカム「HUHUAUDITION」でグランプリを受賞し、デビュー。
09年、若干13歳にして雑誌「SEVENTEEN」専属モデルに選ばれる。
同年、映画「Give and Go」で女優デビュー&初主演を飾る。
10年には、JUJU「Hallo again~昔からある場所」PV、映画「告白」に出演。

  • 生年月日
    1996-01-12
  • 血液型
    O 型
  • 出身地
    熊本県
  •  
icon趣味•特技を教えてください。

趣味:ショッピング
特技:バドミントン
決して上手ではないけど、唯一「特技」と言えるものです。笑

icon目標とするタレントさんは誰ですか?

志田未来さんです。
芝居にすごく魅力があって、まだ高校生なのに色んな作品に出演していて、
あこがれてます。
私もそんな風になりたいです。

iconどのようなCMに出演してみたいですか?

明るくユニークなCMに出演したいです。
TVの前で思わず笑ってしまうような。

事務所担当者コメント

なんといっても「目力」が凄い!!そして画面を通した時の存在感も凄い!!!
かわいらしい部分と芯の強さがほどよく、全体的にバランスのとても良い子です。

■CM
2010年~ MSD製薬会社CM
2010年2月~ 代々木ゼミナール

 

■映画
2010年 「告白」(中島哲也監督)北原美月役
2009年 さぬき映画祭出品作品「Give and Go」主演

■TV
2010年 「MM9」(樋口真嗣監督)二田良秋津役

■雑誌
集英社「SEVENTEEN」2009専属モデル

 

■PV
JUJU「Hallo,Again~昔からある場所~」PV出演

■その他
2008年度ニューカム「HUA HUA AUDITION」グランプリ受賞!